ネットカジノは国内人気No.1オンラインカジノのベラジョンで!

面接は何回受けても慣れないものです。一番いい服を着て、履歴書を用意し、笑顔を絶やさず、全てがうまくいっていると思った時に、答えを用意していなかった質問を面接官がしてきます。

そうならないよう、事前に準備をしておきましょう。面接準備の最良の方法は、企業と職種について調べておくことです。以下では、面接の質問例をいくつかご紹介します。きっと役に立つでしょう。

「自己紹介をしてください」

ほとんどの面接は、この質問から始まります。この質問にきちんと答えて、第一印象を良くすることが大切です。どう答えればいいか分からなかったり、答えにつまったりすると、自信がないように見える可能性があります。

その反面、自分の最大の功績を話すと、エゴが前面に押し出されてしまう可能性もあります。そのため、バランスを見極め、偉そうだと思われないようにしなければなりません。例えば、自分が何者であるかを話す際は、個人的な経歴は省き、過去の職歴や現在までの経緯に焦点を当てましょう。あまり詳細を話す必要はありません。

「志望動機は何ですか?」

採用担当者がこう聞いてくるときは、個人的な嗜好を知りたいだけでなく、その企業についてよく知っているかどうかを確認したい時です。この質問はどれだけ知識があるかを確認し、職種に対する熱意がどれだけあるかを試すためのものです。

ですから、応募企業について詳しく知っておき、自分の希望や目標を正直に話しましょう。

「この仕事をどのようにして知りましたか?」

面接でこう聞かれたら、「ウェブサイトで知りました」と答えてはいけません。こう聞かれた時は、なぜその企業を希望するのか、その職種に応募したのはなぜなのかを詳しく説明し、自分をアピールするチャンスだからです。その企業に個人的なつながりがある場合は、この質問をされた時に伝えると良いでしょう。

「ご自身のセールスポイントは何ですか?」

Business people interviewing young businessman in office

こう質問されたら、面接官はあなたの資質やスキルについて、詳しく知りたいのだと思ってください。また、面接官は、チームに貢献できるその他の特性について知りたがっています。「私は勤勉で、誰とでも上手くやっていけます」といったような単純な回答は避けてください。

今までの実績や職務経歴を、より具体的にまとめて伝えましょう。