面接で自分をよく見せる方法をご存じですか?面接で素晴らしい結果を残せる人もいれば、簡単な台詞一つも言えない人もいます。しかし、心配する必要はありません。皆、似たような問題に直面するからです。

そこで、以下のミニガイドを作成しました。面接をサポートし、憧れの仕事に就くのに、きっと役立つでしょう。ではまず、基本的なことからお伝えします。

企業リサーチ

面接で緊張するのは、当たり前です。しかし、企業リサーチをしっかりと行い、面接のイメージすることができれば、ずっとやり易くなります。緊張を克服する第一歩は、自尊心を高めることです。

まずは、企業ウェブサイトにアクセスし、重要だと思う部分を全て確認しましょう。例えば、応募する職種詳細を確認し、企業の採用方法や重視されるポイントを調べましょう。そうすれば、その企業で働くことをイメージできます。

企業の採用プロセスが簡単でシンプルな場合、なぜそこで働きたいかを考えてみましょう。企業のサービス情報、メディアリリース、製品、年次レポートを確認し、より詳しい情報を把握しましょう。

仕事内容のリサーチ

実は、応募した職種のことをしっかり理解している人は少ないのです。これは、求人広告のせいでもあります。誤解を招くような広告も多いからです。求人広告を書いている人は、入社後に上司になる人ではないことがほとんどです。

それゆえ、紙に書いてある求人広告が、実際の応募内容と異なっていることが多いのです。広告の内容が間違っていると思われる場合には、職種についてよく知っている人、例えば、職務内容や1日(または1週間)の過ごし方をよく知っている人と話をするようにしてください。

自己評価

自身の能力を把握するために、今までに成し遂げた内容、頑張って上達させたスキルなどをじっくりと振り返りましょう。こういった内省を通じて、自分の強みを把握し、自信を高めるのです。

したがって、時間を割く価値がないような職種に応募する必要はありません。また、自分に応募資格がないと思われるようなポジションに応募して、時間を無駄にすることもありません。

面接官の洞察

まったく同じ面接は、二度とありません。職種や組織によっては、マネージャー、人事部、採用コンサルタントが面接をおこないます。こういった面接官は、それぞれ異なるアプローチや視点を持っています。

採用コンサルタントは、チームに入る要件を満たしているかを重視します。人事部は、企業の法的要件を満たしているかどうかを重視します。そして、マネージャーは、特定の職種にぴったりの人物を見つけようとするでしょう。

練習

最近では、多くの企業が、経験に関する質問をする傾向にあります。つまり、具体例を聞きたがるのです。ですから、面接に備える最良の方法は、プロの助けを借りて練習することです。

プロの助けを借りれば、しっかりとした答えを準備することができ、自分自身の資質を把握することができます。