ビジネスを展開するなら、国内の慣習やマナーに従わなければなりません。特に、日本のように、文化規範が西欧諸国と大きく異なる国では、マナーに従うことがビジネスの成功を大きく左右する場合があります。

国内での事業拡大を考えているなら、ビジネスルールを理解しましょう。情報をしっかり得ておけば、多くのトラブルは未然に防げます。日本のマナーや文化には、とてもユニークな点がいくつもあることを覚えておきましょう。では、日本でのビジネス展開にあたり、知っておくべきルールをご紹介します。

沈黙は金なり

多くの西洋諸国とは反対に、日本では「沈黙は金なり」という深い信念があります。仕事場でしゃべりすぎるのは、日本の習慣には相容れません。日本市場やビジネス文化に慣れていないのであれば、控えめで内向的なアプローチ方法を取るのがベストです。

そうすれば、第一印象が良くなり、長期的な関係性を築けるという傾向があります。さらに、仕事上で議論や対立が生じても、沈黙しがちだという点も留意すべきです。そうすることで、その場の緊張を和らげ、他の人にも発言できるチャンスを与えているのです。

チームワーク重視

日本は、チームワークを重視する数少ない国の一つです。多くの西欧諸国とは異なり、日本文化では、集団主義が重視されます。ビジネスの失敗と成功すべてを共有します。褒められる際も、個人が褒められたというよりも、グループ全体が褒められたという認識を持つのが普通です。

そのため、公の場では、常に個人ではなくグループ全体を褒めましょう。個人を褒めてしまうと、ビジネスを大成功に導いた他のチームメンバー達を困惑させてしまうことになりかねません。

プライバシー重視

国ごとに習慣が異なるという例がもう一つあります。例えば、西欧諸国では、個人的な質問をして、関係性を築くのが一般的です。しかし、日本では、プライバシーを重視するため、このやり方は適切ではありません。

国内でビジネスを展開するなら、習慣に従い、従業員に個人的な質問や意見を聞かないよう気を付けましょう。しかし、お互いに聞き合うという場合であれば、個人的な質問をしても良いでしょう。

穏やかなアプローチ

ビジネスにおいて、穏やかなアプローチが有効だと考えられる傾向があります。日本国内で、欧米式の強引な態度をとってもうまくいきません。新たなビジネスチャンスを探すなら、穏やかで紳士的な態度をとるよう心がけましょう。

合意の下に物事が進められるので、期限を押し付けると逆効果になりかねません。その反面、国内でビジネスを展開するなら、しっかりとした計画を立てておくことがベストな行動であると言えるでしょう。

年功序列

年功序列が重視されます。年功序列は、ビジネスにおいても上下関係を表します。そのため、職場ではまず年配者に挨拶し、それから他のビジネスパートナーに挨拶するのが礼儀です。